施設機器

ライスセンター

特長

遠赤外線乾燥機を採用

乾燥施設の生命は、乾燥機にあります。遠赤外線乾燥機は、遠赤と常温に近い低温通風が、胴割れを防いでやさしくムラなく乾燥。本来のおいしさを引き出し、高品質に仕上ます。

乾燥スピードが速い

乾減率は毎時 1.2%(最高時)のスピード方式です。ランニングコストも安く、省エネ設計なので電気・灯油代が安くなります。

運転音が静か

騒音を約3dB低減。籾づまりや循環滞留の検出、穀温制御など、品質を守る各種装備がついて安心です。

荷受け設備は除塵装置(オプション)がつけられる

ダンプからの張込み時、ホコリの飛散を防止します。また、乾燥機・タンクとも、ゴミやホコリを吸引し、屋外へ排出する方式のため、クリーンな作業環境を保てます。

基本レイアウト

符号 品名 数量 能力
1 荷受ホッパー 1
2 荷受昇降機 1 7t/h,0.75kW
3 張り込みコンベア 1 7t/h,0.75kW
4 遠赤外線乾燥機 4 1,965kW×4
5 放冷タンク 4 0.4kW×4
6 排出コンベア 1 10t/h,1.0kW
7 籾摺昇降機 1 5t/h,0.4kW
8 籾摺機 1 5,519kW
9 流選別機 1 100V
10 製品昇降機 1 5t/h,0.4kW
11 製品タンク 1 1.0t
12 自動計量装置 1 1.0t
13 主操作盤 1
14 籾摺操作盤 1
15 防塵送風機 1 0.75kW
16 コンプレッサー 1 0.75kW
17 燃料タンク 1

スーパネクサス(遠赤外線タイプ)

特長

省エネで、お得なエコ乾燥

遠赤が直接籾を加温するので、乾燥効率がアップし、灯油消費量の15%を省エネできます。また、乾燥時間短縮と所要動力の低減により、消費電力を20%減らす事ができます。(当社従来機と比較)

高水分の籾・麦をらくらく乾燥

全面にジグザグに配置された"山形多管機構"により、穀物の循環混合を理想的に行い、乾燥ムラや胴割れ、過乾燥などを防ぎ、低温・大風量・全面通風機構で、高水分の籾・麦をらくらく、品質よく仕上げます。

遠赤外線が穀物を優しく乾燥、品質と美味しさが向上します

バーナーの燃焼が遠赤外線放射体内部で燃焼し、回転する放射体から遠赤外線照射均一になり、薄い層になって流れる穀物の一粒ずつに遠赤外線を照射するので、穀物に負担をかけず、優しくムラなく仕上げ、自然の美味しさをまもります。

「組立品出荷」により、工期も短縮

ほとんどフル装備で「組立品出荷」されるため、施行現地での工数が圧縮でき、工期・コストが低減されます。また、電気配管・配線材料・空気配管つきですから、機会組立工事と同時に、それらの工事も終了します。

特許の「乾燥速度自動制御方式」

特許の「乾燥速度自動制御方式」を装備し、コンピュータによる自動制御で胴割れを防止するとともに、"穀温制御"も自動化されていますので、穀物の変質も防ぎ、品質の良い仕上がりをもたらします。

安全性が高く、掃除もらくらく

昇降機や下部コンベアの駆動は、カップリングによる直接駆動のため、調整も不要、メンテナンスが簡単で、安全性が高くなりました。また、上部コンベアがなく、昇降機からの直接投入のため掃除がらく、しかも繰り出しロールの掃除も自動化されていますので、面倒な掃除をする必要がありません。昇降機、コンベアはコンタミ仕様でもあります。

選別機構つきで、仕上がりもきれい

昇降機の循環口に"選別装置"がついていますから、乾燥中のゴミ・ホコリを機外に排出して快適作業ができ、穀物をきれいに仕上げます。

スーパネクサス

特長

高水分の籾・麦をらくらく乾燥

全面にジグザグに配置された"山形多管機構"により、穀物の循環混合を理想的に行い、乾燥ムラや胴割れ、過乾燥などを防ぎ、低温・大風量・全面通風機構で、高水分の籾・麦をらくらく、品質よく仕上げます。

特許の「乾燥速度自動制御方式」

特許の「乾燥速度自動制御」を装備し、コンピュータによる自動制御で胴割れを防止するとともに、"穀温制御"も自動化されていますので、穀物の変質も防ぎ、品質の良い仕上がりをもたらします。(特許第1287377号)

シンプルで使いやすい操作盤

設定するのは、穀物種類・停止水分・乾燥速度の三つだけ。あとは、運転ボタンを押すだけの簡単操作で、らくに自動運転できます。また、穀物量はレベル計によって、自動的に制御盤にインプットされます。なお、操作ボックスを中央制御盤に設けることにより、"遠隔操作"することもできます。

アルファバーナーで効率燃焼

穀物量と、外気の変化に応じてコンピュータが燃焼空気を無段階に制御しますから、低温から高温まで、効率よく安定燃焼します。

選別機構つきで、仕上がりもきれい

昇降機の循環口に"選別装置"がついていますから、乾燥中のゴミ・ホコリを機外に排出して快適作業ができ、穀物をきれいに仕上げます。

安全性が高く、掃除もらくらく

昇降機や下部コンベアの駆動は、カップリングによる直接駆動のため、調整も不要、メンテナンスが簡単で、安全性が高くなりました。また、上部コンベアがなく、昇降機からの直接投入のため掃除がらく、しかも繰り出しロールの掃除も自動化されていますので、面倒な掃除をする必要がありません。

「組立品出荷」により、工期も短縮

ほとんどフル装備で「組立品出荷」されるため、施行現地での工数が圧縮でき、工期・コストが低減されます。また、電気配管・配線材料・空気配管つきですから、機会組立工事と同時に、それらの工事も終了します。