会社沿革

大正元年金子野鍛冶店創業
昭和2年一心号の商標を登録
昭和6年商号を金子農具製作所と改める。
昭和10年全自動小型籾摺機を発表
昭和20年大型全自動籾摺機を発表
昭和22年商号を有限会社金子農具製作所と改める。
昭和29年商号を金子農機株式会社と改める。
昭和34年通風乾燥機の量産に入る。
昭和38年企業合理化の模範工場として中小企業庁長官賞を受賞
埼玉県知事より発明賞を受賞
金子専一社長、紺綬褒章を受章
昭和40年金子専一社長、黄綬褒章を受章
昭和41年通風乾燥機の発明で科学技術庁長官賞を受賞
昭和45年金子専一会長就任。金子愛次郎社長就任
新製品大型乾燥貯蔵施設を発表
埼玉県羽生市より金子専一会長へ名誉市民賞を授与される。
昭和46年金子運輸株式会社を設立
昭和48年穀物流動層乾燥機を発表
昭和49年サニー養豚システムの開発に成功
昭和50年酪農施設の製造・販売を開始
建設事業の認可を取得
昭和51年金子専一最高顧問、勲四等瑞宝章を受章
昭和52年養牛システムを発表。社長、紺綬褒章を受章
昭和53年金子専一最高顧問逝く。従五位に叙せられる。
昭和54年多用途農作業車スーパカーを発表
発明協会長奨励賞を受賞
昭和55年中小企業庁長官奨励賞を受賞
昭和56年全国発明表彰を受賞
昭和57年乾燥速度自動制御乾燥機、交差式建物クロスハウスを発表
交通栄誉賞緑十字金賞を受賞
科学技術振興功績者として受賞
昭和58年横がけ8層式乾燥機を発表
埼玉県より産業功労者として受賞
昭和59年発明考案で埼玉県知事賞を受賞
発明で科学技術庁長官奨励賞を受賞
昭和61年ロボコンバーナを発表
発明協会会長より発明奨励功労賞を受賞
昭和62年超小型多用途農作業車ミニスーパカーを発表
昭和63年高性能α(アルファ)バーナを発表
平成元年関東地方発明表彰で埼玉県知事賞を受賞
平成2年花き鉢物用自動底面潅水装置を発表
平成3年太陽熱利用撹拌通風乾燥調製施設(サンシャインドライングシステム)を発表
平成4年金子愛次郎社長、黄綬褒章を受章
平成5年飯米シリーズ(穀物乾燥貯蔵機、低温貯蔵庫、籾摺り・選別・精米機 )を発表
工業所有権制度の功労で通商産業大臣表彰を受賞
平成6年屋外型乾燥機スーパネクサスを発表
平成7年新型全自動乾燥機「振り子シリーズ」を発表
関東地方発明表彰で中小企業庁長官奨励賞を受賞
平成8年羽生工場第1期完成、稼動を開始
平成9年中国に金子農機(無錫)有限公司を設立
平成10年低温米びつ「美味っ庫」、穀物遠赤外線乾燥機を発表
関東地方発明表彰で発明奨励賞を受賞
平成11年金子愛次郎会長就任、金子常雄社長就任
埼玉県発明創意工夫展にて、特許庁長官奨励賞を受賞
平成12年科学技術振興功績者として受賞
平成13年環境商品「チリとるもん」を発表
小型遠赤外線乾燥機を発表、遠赤乾燥機のフルラインナップ完成
蒸気土壌消毒機を発表
平成14年本社を小松台工業団地へ移転
県発明展で環境商品が県知事賞を受賞
中山間地向け小型乾燥機を発表
多目的空気循環式乾燥機「ビートルドーム」を発表
オガ粉乾燥機を開発、木質ペレットプラントに導入
平成15年穀物調製装置「グレインプロセッサ」を発表
水稲ロングマット水耕育苗装置を発表
種子用遠赤外線乾燥機を発表
関東地方発明表彰で遠赤乾燥機が中小企業庁長官奨励賞を受賞
平成16年ISO14001を取得(本社) » 環境方針
平成24年創業100周年を迎える。